アートワイヤージュエリーとは

「アートワイヤージュエリー」とは、アートワイヤージュエラーのショウヨリコが長年試行錯誤を積み重ねてきたオリジナル技法による、ワイヤーを用いて主にペンチで作るアクセサリーです。
「アートワイヤージュエリー」=「AWJ(R)」との略称で覚えていただければ幸いです。

はじめは思い付きから、1種類の太さのワイヤーとチープなビーズ1~3個だけのリングからはじまって、

たくさんの種類の太さのワイヤーと細かなビーズを使うようになりながら試行錯誤を続け、

そのうちにシリコンペーストと出会い、そこからまたワイヤーとシリコンの様々な組み合わせ方法について試行錯誤を重ねてきました。

「身に着ける立体の絵画」という、自ら打ち立てたコンセプトにふさわしいと心から思える技法にたどり着いたのが2019年。ワイヤーをいじり始めてから、ゆうに20年以上経ってのことでした。この技法を「シリカジュール」技法と呼ぶようになったのも、それからのことです。

「シリカジュール」とは、「シリコン」と「ア・ジュール」を組み合わせた造語です。
シリコンとは、樹脂の中のシリコンゴムのこと。キッチンツールでもおなじみです。ガラスのような見た目ながら、水や衝撃に強くて軽いので、気軽に装着できます。

ア・ジュールとは、フランス語で「透かし模様入りの」を意味します。教会のステンドグラスのイメージです。

この造語は、アールヌーヴォー時代に花開いた宝飾品で有名な超絶技巧、「プリカジュール」にヒントを得ました。

プリカジュールとは、土台となる銅板に金属線の枠をのせて七宝の釉薬を流し込み、後に銅板を溶かし去ることにより、まさにステンドグラスのような効果を生み出す技法とのことですが、大変高度な技術力と根気を要す上に失敗率が高く、現在ではプリカジュール技法を再現できる職人はわずかで、その作品の多くは博物館入りしているようです。

出展 https://www.antique-jewelry.jp/antique_episode/jewelry-ej00271.html

プリカジュール技法による、ルネ・ラリックの作品
出典 https://rlalique.com/rene-lalique-anemones-brooch-4005

希少価値ではプリカジュール技法のものには遠く及ばないかもしれませんが、手軽に繊細な立体感を表現できる上、使いやすい軽さと丈夫さをもつ、AWJの「シリカジュール」技法は、身に着ける人、作る人共に、大きな喜びと感動をもたらすことができるとショウヨリコは信じ続け、多くの試行錯誤と失敗を乗り越えてきました。

「シリカジュール」技法とは、主に植物モチーフをワイヤーでかたどった枠に、絵の具を練りこんだ粘土状のシリコンペーストを一つ一つ手作業ではめていくものです。
初めのころは細いワイヤーを渡して留める方法(ワイヤーボーン)のみで留めていましたが、髪の毛のように細い透明な糸で縫い留める方法(シースルー縫い)を思いついたことにより大胆かつ繊細な立体感を生み出せるようになり、そのうちにシリコンを接着することのできる(これまでの常識ではありえなかったといわれる)接着剤に出会ってからは、より細かな表現ができるようになりました(シースルー接着)。これからもさらによい素材や方法が見つかれば進化させていくでしょう。

細いワイヤーを渡して留める方法(ワイヤーボーン)

細い透明糸で縁を縫い付けて留める方法(シースルー縫い)

シリコン用接着剤で縁を接着して留める方法(シースルー接着)

アートワイヤージュエリー(AWJ)には、シリカジュール技法によるものだけではなく、ビーズを多用したリボンモチーフや、石留めの技法、革紐使いのものなど、様々あります。
 基本的には変色の心配のないステンレスワイヤーを中心に使用しています。
一般的なワイヤークラフトに使われる真鍮線やアルミワイヤーに比べるとなかなか固く扱いずらいものですが、使用価値と美しさを考えて、太めのものを枠に使用しています。